車を長持ちさせる裏技とは

ご無沙汰しております、タカフミです。実は前回お話した愛車のトヨタ・マークXですが、なんだか調子が悪いんです(汗)買って3年半くらいですかね。ガタが来るにはちょっと早いんじゃないかな?と言いつつ。夜中の高速ドライブが利いたのでしょうか(笑)タイヤの減り具合が早いのは覚悟していましたが(実際すこぶる早かったです)車自体にもダメージがあるとは・・。

例えば急に壊れて、高速道路で立ち往生なんてのも危ないですし、これは買換えを視野に入れないといけませんね。そんなことを先日妻に話したら、案の定ドライブの禁止令が(泣)ゆっくりなら別にいいといってましたけど。そういうことじゃないんでよね~。まあ言い合いもなんですしとりあえず、引き下がりました(形だけ)私には考えがあったんです。

無茶な運転をしても車を長持ちさせるメンテナンスであったり、運転があるはずだと。色々調べましたのでお伝えします。

まずは各種液の量ですね。代表的な5つです。ウィンドウォッシャー、ブレーキ液、バッテリー液、冷却水、エンジンオイルの5つです。これらを定期的にチェックします。規定のラインまで液があるかどうかですね。そもそもエンジンルーム自体、自分ではめったに開けたことがなかったです・・。そりゃあ痛むわけですよね。

次に大事なことはオイル交換です。エンジンオイルはこまめに交換した方が燃費もいい上に、故障も少ないそうなんです。3,000kmから~5,000kmまでには交換するのがベストだとか。さすがにそこまで短いスパンでは交換したことなかったですね。でもおそらく一番経済的なんでしょうね。

他にはバッテリー交換も大事です。モノによるそうで、2年~4年で交換するそうです。自分のバッテリーって何年で交換だっけ?(汗)これも抜けてましたね。次の車は気を付けないと・・。さあて、近々買換えですか・・お金がかかりますねえ。